※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

勉強の悩み

資格試験に落ちた時に会社へどう報告する?対策を解説!

「資格試験に落ちた…どうやって会社に報告すればいいの?」と悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。

私自身、働きながらUSCPA(米国公認会計士)という資格試験に合格した経験がありますが、それまでに何度も不合格になり周りの人にそのことを伝えるのが億劫だった時期があります。

こちらも!!USCPA(米国公認会計士)とは?合格者が徹底解説!

USCPAとは、一体どんな資格なのでしょうか? 会計や財務の分野でキャリアを築くには、どうすれば良いのか、多くのビジネスパーソンが抱える疑問です。 この記事では、USCPA資格の基礎からキャリアパス、 ...

続きを見る

そこで今回の記事では、

「不合格直後でメンタルもボロボロなのに会社に報告するエネルギーがない...自分で文面を考えたくない...」

といった方向けに、会社へ資格試験の不合格を報告する場合の具体的なメール文例をご紹介します。

それでは早速見ていきましょう!

資格試験に落ちたことを会社へ報告する時のメール例(勉強を継続する場合)

資格試験に落ちた際の報告メールを考えるのは気が引けるかと思いますので、以下の文例を有効活用していただければと思います。

まずは不合格にはなったものの諦めたくない・勉強を継続したいといった気持ちを会社に伝える場合の文例です。

メール例 1: ストレートに伝えるパターン

まずはストレートに不合格となったことを伝える方法。

さらっと伝えたい方は以下のような文面でいいかなと思います。

件名: 資格試験結果についての報告

XXさん(様)

お疲れ様です、XX部のXXです。

私はX月X日にXX試験を受験いたしましたが、残念ながら合格することができませんでした。

全力を尽くして挑んだ試験ではございまいたが、結果を出すことができず、皆様にもご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

今後につきましては、引き続き次回の試験での合格を目指して勉強を継続してまいりたいと考えております。

詳細な学習計画を立て、さらに努力を重ねる所存です。

今後ともご支援いただけますと幸いです。

メール例 2: 前向きな意思を伝えるパターン

また自分で考えた計画があるようであれば伝えるのがスマート。

以下のような文面であれば、あなたからメールを受け取った相手も

「コイツは引き続きやる気があるんだな」

「応援してあげよう」

という気持ちになるかなと思います。

件名: 資格試験の結果に関するご報告と今後の計画

XXさん(様)

この度は資格試験に向けてのご支援に感謝申し上げます。

私はX月X日にXX試験を受験いたしましたが、残念ながら合格することができませんでした。

この結果を真摯に受け止め、以下の計画に沿って引き続き勉強を進めてまいります。

  1. 弱点の分析と改善策の検討
  2. 追加の学習資料とコースの活用
  3. 定期的な進捗報告とフィードバックの要求

この度の結果は私自身としても不本意な結果ではございましたが、努力を継続してまいりたいと考えている所存です。

今後も皆様のご支援と指導を賜りますようお願い申し上げます。

資格試験に落ちたことを会社へ報告する時のメール例(撤退する場合)

資格試験の取得を諦める決断を会社に伝える際には、会社への敬意と感謝の気持ちを忘れずに伝えることが大切です。

以下では、会社の方への感謝の気持ちを込めた2つのメール文案を考えてみました。

メール文案 1: 感謝とともに現在の業務に集中したいことを伝えるパターン

最初に落ちたことをストレートに伝えた上で、勉強を見直すことは現在の仕事に集中したいことが理由であることを伝えたい場合は以下の文面が考えられます。

件名: 資格試験の結果に関するご報告と今後の計画

XXさん(様)

お疲れ様です、XX部のXXです。

これまで資格試験の取得に向けて、ご支援と励ましを賜り、心より感謝申し上げます。

私はX月X日にXX試験を受験いたしましたが、残念ながら合格することができませんでした。

長期間にわたる熟考の結果、私は資格試験の取得を目指す計画を見直す決断をしました。

この決断は、自己のキャリアパスと会社の利益を考慮した上でのものです。

この決断に至った理由は以下の2点のとおりです。

  1. 現在の業務に集中することで、より効果的な成果を出すことが可能と考えたため。
  2. 自己のキャリア目標と合致する他のスキルや資格に注力するため。

今後とも、私の業務の質の向上と会社の成長に寄与できるよう努めて参ります。

今回の決断に関しまして、ご理解を賜れますと幸いです。

引き続きよろしくお願いいたします。

メール文案 2: 感謝とともに部署の人と相談しながら勉強を見直したいことを伝えるパターン

また、部署の人と相談しながら計画を見直すパターンも考えてみました。

件名: 資格試験の結果に関するご報告と今後の計画

XXさん(様)

お疲れ様です、XX部のXXです。

貴重な時間を割いて資格試験の準備をサポートしていただき、深く感謝しております。

私はX月X日にXX試験を受験いたしましたが、残念ながら合格することができませんでした。

またお伝えするのが非常に心苦しい状況ではございますが、最近の自己評価と将来のキャリア計画を見直した結果、資格試験の取得を目指すことを見直したいと考えております。

この決断は以下2点を鑑みたものです。

  1. 私の長期的なキャリア目標と現実の業務との間での方向性のズレ。
  2. 別の専門分野やスキル開発に焦点を当てた方が、個人的な成長と会社への貢献につながるとの判断。

上記につきまして、今後も引き続き部署の皆さまとご相談させていただきつつ、適切な対応策を講じて参ります。

ご理解と今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

まとめ|会社へはさっさと報告する!早めの情報共有が信頼を生むかも

資格試験に落ちた際の会社への報告文例についてご紹介しました。

会社への報連相は早いに越したことはありません。

よくないことの報告であればなおさら早い方がいいです。

できれば合格発表の当日には勢いで報告してしまうのがラクです。

あなたの周りには思っている以上にあなたのことを心配してくれている人が多いです。

なのでそういった方への報告は最低限の礼儀かなと思います。

ぜひ今回ご紹介したメールでの報告例を活用いただいて、今後の勉強計画のプランを考えてみてはいかがでしょうか。

資格試験に落ちた時のメンタルの保ち方については以下の記事でご紹介していますので、あわせてご覧ください。

こちらも!!資格試験に落ちた時のメンタルの保ち方を徹底解説!

「資格試験に落ちた…メンタルを立ち直せない...」 そんな経験をしたことはありませんか? 試験の結果が思うようにならないと、メンタル的に大きなダメージを受けることが多いですよね。 私自身も、働きながら ...

続きを見る

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-勉強の悩み