キャリアの悩み

LinkedInを登録しないで閲覧できる方法2選!

LinkedInが気になるけど、登録・ログインせず(足跡を残さず)に閲覧する方法を知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、LinkedInを登録・ログインせずに閲覧する方法について徹底的に解説してみました。

今回の記事を読めば、LinkedInについている「足跡機能」を気にせずプロフィールやコンテンツを閲覧できる方法について理解を深められると思います。

LinkedInとは?

LinkedInは、ビジネスに特化した無料で利用できるSNSとして知られています。

まずはLinkedInの3つの特徴について簡単に解説します。

①2023年の世界中のユーザー数は9億人

LinkedInは、世界200以上の国と地域で利用され、累計ユーザー数は9億人以上に達しています。

毎秒1人が新しいアカウントを作成しており、毎月30億人以上がLinkedIn上のコンテンツを閲覧していると言われます。

またLinkedInは、ビジネスや求職・転職活動に関連する情報を提供することが目的であるため、多くのビジネスパーソンに利用されています。

②2023年の日本国内のユーザー数は300万人

日本においてもLinkedInは人気があり、2023年時点での国内ユーザー数は約300万人に達しています。

これは、LinkedInが日本においてもビジネスマンや求職者にとって重要な情報やビジネスチャンスを提供する存在となっていることを示しています。

転職希望者ばかりが登録しがちと思われるかもしれませんが、実は日本国内に拠点を持つ企業やグローバル企業が他の企業とのビジネス上の接点を持つのにも活用されています。

このようにLinkedInは、ビジネスに必要な情報を提供することに特化しており、ビジネスパーソンの必須ツールとして定着しつつあるのが大きな特徴です。

③自己紹介・名刺・職務経歴書として活用できる

LinkedInの特徴の3つ目として、自己紹介・名刺・職務経歴書として活用できる点があります。

LinkedInは「すぐに転職したくはないけどどんな求人があるか見ておきたい」といった方に向いています。

LinkedInのプロフィールでは、自己紹介文を書き込むだけでなく、履歴書・職務経歴書をPDFファイル形式でアップロードもできます。

これにより、あなたのプロフィールページを訪れた採用担当者やヘッドハンターからのスカウトや求人が、ほったらかし状態で届くようになります。

より転職のチャンスを増やすためにも、英語の履歴書&職務経歴書(CV)を作成しておくのが非常にオススメです。

自分のページを訪れた方に対し「日本人USCPAホルダーで英語もできる」といった印象を与えられるので、より良い求人をもらう戦略としてやってみる価値はあります。

ちなみにLinkedInでは毎日20億以上のプロフィール閲覧があり、ビジネス上で人脈を構築する上で欠かせないプラットフォームです。

LinkedInに登録しない&ログインしないで閲覧する方法2選

上記のとおりビジネスSNSとして知名度・利用者ともに増加傾向にあるLinkedInですが、「誰が自分のプロフィールを閲覧したのか?」がわかる足跡機能があります。

この足跡機能があるためにLinkedInの利用をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでLinkedInを登録・ログインせずに、足跡を残さず気になるプロフィールを閲覧できる方法について解説していきます。

①Google検索を使用する

LinkedInのプロフィールや投稿は、Google検索によってインデックスされています。

あるプロフィールを検索すると、そのプロフィールに関連するLinkedInのページが検索結果に表示されます。

例えばテスラやスペースXで有名なイーロン・マスク氏を検索してみると以下のとおりヒットしました。

クリックすれば、およそどんな人物なのかを知ることができます。

さらに下の方へスクロールすれば、関連する人物のプロフィールも閲覧することができます。

ただし、LinkedInが非公開設定にしているプロフィールは検索に表示されないのでご留意ください。

②LinkedIn Learningの試用期間を利用する

2つ目の方法が「LinkedIn Learningの試用期間を利用する」という方法です。

LinkedIn LearningはLinkedInが提供するオンライン学習プラットフォームで、1か月間の無料トライアルがあります。

トライアル期間中にLinkedIn Learningにアカウントを作成することで、LinkedInのプロフィールや投稿を閲覧することができます。

ただし、トライアル期間が終了すると、アカウントの作成やログインが必要になりますのでご留意ください。

LinkedIn登録後・ログイン後でも足跡機能を残さない方法

さらに、LinkedIn登録後・ログイン後でも足跡機能を残さないで消す方法についてもご紹介します。

まずはログイン後、自分のプロフィール画面の「設定&プライバシー」をクリックします。

続けて、左側のカテゴリの中から「公開設定」をクリックし、上部にある「プロフィール閲覧オプション」を選択します。

すると以下のとおり

  1. あなたの氏名およびヘッドライン
  2. プロフィールの特徴
  3. 匿名モード

といった3つのカテゴリーが表示されます。

初期設定では一番上の「あなたの氏名およびヘッドライン」がデフォルトとなっているため、相手に自分が誰なのかわからないようプロフィールを閲覧したい場合は

  • プロフィールの特徴
  • 匿名モード

これらのいずれかを選択すれば設定完了です。

以下のとおり、LinkedInの公式サイトからも同じようなアナウンスが出ています。

LinkedIn公式HP「LinkedIn の使い方_閲覧通知(足あと)の消し方編」より

この「足跡が残る」という初期設定は、元々は興味のある企業から自分を見つけてもらいやすくするための機能だったのですね。

上記のように、LinkedIn内で企業や採用担当者のリサーチをするときは、「相手に自分のことをを発見して欲しいかどうか」という視点で柔軟に設定を変更して行うのがいいかもしれません。

まとめ:LinkedInは未登録&足跡を消しても閲覧できる

以上のとおり、LinkedInを登録・ログインせずに活用する方法&足跡機能を消す方法についてご紹介してきました。

LinkedInをログインせずに閲覧する方法は、以下の2つがあります。

  1. Google検索を使用する
  2. LinkedIn Learningの試用期間を利用する

これらの方法を使って、LinkedInをログインせずにプロフィールや投稿を閲覧することができます。

ただし、非公開設定にされたプロフィールなどは閲覧できない場合があったりと、利用にあたっての条件や制限がありますので注意が必要です。

一方で、LinkedInは転職にあたっての自己PRや学習のための強力なツールとしても利用できるため、正しく積極的に活用すれば多くの学び・コネクションを広げることができます。

さらにLinkedInでより良いチャンスと出会うためにも、「USCPA(米国公認会計士)」の資格を持っていることで自分の価値を高められるだけでなく、海外のヘッドハンターからも引く手あまたになります。

以下の記事ではUSCPAの短期合格方法だけでなく、USCPAの将来性・コスパについて内部リンクを含め20万字以上でまとめていますので、あわせてご覧いただければと思います。

こちらも!!USCPA試験に18ヶ月で合格するためのロードマップ

初心者でもUSCPA(米国公認会計士)試験に短期間で合格することは可能なのか? こんな疑問を持つ方は多いと思いますが、正しい順序でやれば18ヶ月での合格が可能です。 私自身、USCPA試験にチャレンジ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み