※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

初心者向け

USCPA受験にTOEIC800は不要!700でOK!

USCPA(米国公認会計士)の受験前にTOEIC800レベルの英語力が必要なのか知りたい

このようなお悩みに答えます。

結論から言えば、USCPA試験にTOEIC800は不要です。TOEIC700程度あればスタートできます。

TOEIC700点台でUSCPAの勉強をスタートして合格した私が、実際に受験した経験を踏まえてUSCPAで必要な英語のレベルについて解説してまいります!

結論としては以下のとおりです。

  • 英語のレベルTOEICスコア700程度あればいい。
  • ただし事前に簿記3級に合格しておくのはほぼ必須簿記2級まで合格していればかなり有利
  • 英語で会計についてを勉強するのが不安であればBATIC初級に合格しておくのもおすすめ。

それぞれ順番に見ていきます!

USCPA(米国公認会計士)試験の前提となる英語レベルはTOEIC700程度

私自身はTOEIC700点台を持っていた状態でUSCPA試験をスタートしましたが、TOEICのレベルとしては700程度でした。

私の通っていたUSCPA予備校のアビタスでは、2022年に合格者が5,000人を突破しました。

私もこの中に含まれていますが、5,000人の合格者全員がTOEIC800レベル以上でしょうか?

恐らく大半の方はせいぜいTOIC800程度いくかどうかくらい

私はUSCPA合格後に全く対策をせずにTOEICを受験したところ、スコア835でした。USCPA受験前700で、USCPA合格後に800を超えたというイメージです。

なので、USCPA受験を始める前にはTOEIC800レベルまでは求められないのでは?というのが、私が合格後に感じた感想です。

もちろんリーディングスコアは高いに越したことはないと思いますが、USCPAでは使わないリスニングスキルまで伸ばす必要はないと思っています。

それに、たとえTOEICなどで満点近くを取っていたとしても、知らない単語や表現が出てくるのがUSCPA試験です。

結局は会計・監査・ファイナンス・税法の勉強なのです。日本語だろうが英語だろうが、専門用語を覚えなければなりません。

ということで、「TOEICの点数が800なければチャレンジすらできない」という考えは幻想です。

TOEIC700程度を持っている方はUSCPAの勉強を始める土台は十分にあると思われます。

受験する気のない方も「USCPAってこういう資格なのか!」という知見が広がると思いますので、ぜひ以下リンクよりUSCPA予備校のパンフレットを無料で入手してみてください。(USCPA予備校の比較記事も別途書いておりますので、あわせてご覧ください)

パンフレットにはUSCPA受験に関する質の高い情報だけでなく、USCPA合格後の転職成功者の声も記載されているので、皆さんのモチベーションアップにもつながると思います。

おすすめのUSCPA予備校

アビタス合格者実績No.1。日本語テキスト&厳選問題で演習したい方向け

事前に簿記3級に合格しておくのはほぼ必須

一方、簿記スキルに関しては事前に簿記3級レベルを頭に入れておくのはほぼ必須と考えた方がいいです。

USCPA難易度を簿記3級と比較すると、USCPA試験の方が難しいです。むしろ、USCPA試験の前段階として、最低限簿記3級は持っておいた方が良いというのが私の推測です。

日本語であらかじめ簿記の基礎を理解していることは、後々USCPAの勉強を進めるうえでアドバンテージになります。

ちなみに私の場合は簿記2級まで合格していた状態でUSCPA試験の勉強を始め、1,450時間で全科目合格しました。

可能であれば簿記2級まで勉強してからUSCPA試験の勉強を始めるのがベターです。

USCPA試験科目のFAR(財務会計)は簿記2級の商業簿記BEC(ビジネス諸論)は簿記2級の工業簿記とそれぞれ範囲が重複するからです。

が、早めにUSCPAの勉強を始めたい場合は、簿記3級合格直後でも大丈夫です。

BATIC初級に合格しておくのもおすすめ

英語で会計についてを勉強するのが不安であればBATIC初級に合格しておくのもおすすめです。

BATICはどこが主催しているかというと、実は海外の公的機関ではなく「商工会議所」になります。商工会議所は日商簿記検定の主催者でもあります。

何が言いたいかというと、BATICは英語スキル・簿記スキルの両方を示せる資格ではあるものの「日本人が用意した、簿記検定を英訳したテスト」のようなものということです。

先述のとおり、実際のUSCPA試験はネイティブの受験生前提に作成されているため、BATICと使用される英語表現がかなり違います。なので、USCPA特有の言い回しについては各予備校の問題集・リリース問題・AICPAのSample Testといった演習を繰り返すことで慣れる必要があります。

しかし、勘定科目や財務諸表に関する英語表記については基本的に違いはないので、「まず英語で会計系試験を受けるのがどのような感覚か確かめたい」という方は、BATICを試してみる価値があると思います。

まとめ:英語スキルが高い方は簿記をやってからスタートすべき!

以上のとおり、USCPAの受験前にTOEIC800レベルの英語力が必要なのか解説してきました。

結論としてはTOEIC800は不要なので、TOEIC700程度あって簿記3級に合格したらすぐにでもチャレンジすべきと考えています。

ぜひ今回の記事が、USCPAの受験で悩まれている方のお役に立てば嬉しいです。

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-初心者向け