※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

キャリアの悩み

USCPAのBig4 FASでの年収をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)Big4FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)での年収を知りたい

このようなお悩みにお答えすべく、現在Big4監査法人に勤務している私が、USCPAがBig4FASに転職した場合の年収について調査しました。

今回の記事は、Big4FASに転職しようか考えているUSCPA&USCPAを目指されている方向けに、各Big4FASの年収・給与水準が分かるような内容となっていますので、是非読み進めていただければと思います!

ちなみに、Big4監査法人の年収についても別途まとめていますのであわせてご覧ください。

今回の記事は、転職口コミサイト「Openwork」の情報をもとに作成しました。

おすすめキャリアコンサルタント

ヒュープロBig4への転職や会計・税務業界の最新の転職トレンドを知りたい方向け

USCPA(米国公認会計士)のBig4 FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)での年収

Big4FASとは以下の4社のことで、監査法人とは別法人です。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
  • PwCアドバイザリー合同会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社

Big4 FASの平均年収

まず、平均年収は以下のとおり。業界平均年収は978万円程度です。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社:1,056万円
  • PwCアドバイザリー合同会社:998万円
  • 株式会社KPMG FAS:1,278万円
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社:880万円

KPMG FASに関しては20代の口コミがなくやや高めの記載となっています。

そのため、それ以外(デロイト・PwC・EY)の平均年収が業界水準とすると、業界平均年収は978万円程度となります。

Big4監査法人の業界平均年収(792万円)と比較しても、給与はかなり高め200万円近くの差があります。

その分、いずれの法人も残業時間はかなり多く、かなりのハードワークが求められる印象です。

Big4 FASの年齢別年収

各Big4 FASの5年ごとに区切った場合の世代別年収は以下のとおりです。

トーマツ PwC KPMG EY
25歳 675万円 597万円 口コミなし 581万円
30歳 869万円 871万円 1,120万円 786万円
35歳 1,114万円 1,160万円 1,214万円 990万円
40歳 1,246万円 1,391万円 口コミなし 1,125万円
45歳 1,304万円 1,607万円 口コミなし 1,167万円

英語力・資格の両方が必要

FASでは非常に多様な分野で、高い専門知識や分析スキルが求められるため、その前提となる英語力・資格の求められる水準はより大きいと思われます。

TOEICでいえば800以上、資格としてはJCPA,USCPA,税理士資格のいずれかを保有してからがスタートラインと思われます。

USCPAを取得していることは、会計・英語スキルの両方を一定水準以上満たしていることの証明になりますので、もし事業会社などで働きながらUSCPAを取得された方などは、監査法人を経由せずにFASにチャレンジする価値はあるかと思います。

需要が大きい成長分野

会計アドバイザリー部門のご紹介でもお伝えしたとおり、FASについても近年M&Aが活況なのもありかなりの成長分野と言えます。

とはいえ、誰でも転職できるのではなく一定の資格・専門スキルを身に付けた方を採用しているため、「USCPA+何らかの実務経験」の両方を持つ方がチャレンジされている印象です。

まとめ:Big4 FASの年収水準はかなり高め

以上、USCPAのBig4 FASの年収についてお伝えしてきました。

Big4 FASの求人はM&A業界全体が好調なのもあり、エージェントからは採用が拡大傾向にあるとの話を伺っています。

もし「Big4をはじめとするFASへの転職を本格的に考えてみたい」という方は、以下のヒュープロのキャリアアドバイザーへ相談するのがおすすめです。

私自身も登録して相談したのですが、押し売りもなく真剣に私のキャリアプランを考えていただけたのでかなり信頼できるエージェントだと感じました。

ヒュープロBig4への転職や会計・税務業界の最新の転職トレンドを知りたい方向け

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み