※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

キャリアの悩み

USCPA合格後に年収2,000万円を達成する方法6選

USCPA合格後に年収2,000万円を達成する方法を知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCPA合格者の年収2,000万円の達成方法について徹底的に解説してみました。

今回の記事を読めば、USCPAとしてどのようなキャリアを描けば年収2,000万円に近づくのかについて理解を深められると思います。

それでは順番に解説してまいります!

高年収のコンサル業界志望者向け!おすすめ転職キャリアアドバイザー

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

USCPAが年収2,000万円を達成するためのポイント2選

以下の記事でも書いていますが、USCPAという資格があれば年収1,000万円については高い確率で達成可能です。

こちらも!!USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法6選

USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法を知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCP ...

続きを見る

一方で、年収2,000万円を達成するにはUSCPAと言えどしっかりとした戦略が必要となります。

どのような戦略が必要なのか、ポイントをまとめてみます。

①稼げる業界を選ぶ

まずは「稼げる業界」に身を置くのが非常に大きなポイントです。

たとえば、以下ダイヤモンドオンラインでも紹介されているとおり「どこの業界にいるのか?」が非常に重要な要素となっています。

ダイヤモンドオンラインより

上記のグラフを見てみると、上位層には

  1. 総合商社
  2. コンサルティング
  3. 海運

一方で下位には

  1. 介護
  2. 百貨店
  3. 外食

といった業界が並んでいます。

しかも、上位ほど比較的労働環境が良い(ホワイト)のに対して、下位ほど過酷な環境(ブラック)である傾向が強いです。(もちろん例外はあります)

なのでUSCPAホルダーが高収入を狙っていくのであれば、上位の総合商社業界・コンサルティング業界が主なターゲットとなるのではないでしょうか。

なお、総合商社・コンサル業界についてはそれぞれ以下の記事で解説しています。

こちらも!!USCPAが三菱商事に入社する方法3選を徹底検証!

USCPAが三菱商事に入社する方法を知りたい このようなお悩みにお答えします。 日本中の就活生から絶大な人気を集めている総合商社。 すでにご存じの方も多いかと思いますが、特に「5大商社」といえば以下の ...

続きを見る

こちらも!!【2023年最新】Big4コンサルの年収を徹底比較!

Big4コンサルに就職・転職した場合の年収を知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、Big4コンサル ...

続きを見る

②希少性の高い人材となる

さらに「希少性の高い人材」となることも①と並んで重要な要素です。

USCPAホルダーであれば、高い英語スキル・会計スキルがあることを証明できるので希少人材になれるポテンシャルは非常に高いと考えています。

仮に、

  • 英語に特化した人材:10人に1人
  • 会計に特化した人材:10人に1人

だとすれば、すでにあなたがUSCPAホルダーであることは「10人×10人=100人に1人の人材」であると考えることができます。

さらに

  • マーケティングに特化した人材:10人に1人
  • 資金調達に特化した人材:10人に1人
  • 税務に特化した人材:10人に1人

といったように、実務を通じて自分の強みとなりそうなスキルを複数組み合わせていくことで「1,000人に1人の専門人材」となることができます。

そしてそのような専門人材が多く集まる傾向にある業界こそ、先ほどの①でも登場した「総合商社」や「コンサル」といった業界になると考えています。

ここまでの話で、もし「そもそも今からUSCPAを取得しようか悩んでいたけど勉強する気になってきた!」という方であれば、以下の記事もぜひご覧ください。

こちらも!!USCPAで人生変わる?将来性は?合格者が感じた事3選

USCPA(米国公認会計士)の試験に合格すると人生が変わるのか・将来性があるのか知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA ...

続きを見る

こちらも!!USCPA4科目の試験内容&特徴を徹底解説!

USCPAの試験内容について知りたい 各4科目の特徴について知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、 ...

続きを見る

USCPAが年収2,000万円を達成する方法6選

それではいよいよ、USCPAが年収2,000万円を達成するための具体的な方法について解説します。

①Big4監査法人(アドバイザリー部門)で昇進する

まずはBig4監査法人で昇進する方法です。

Big4監査法人とは、日本の大多数の上場企業監査を担当する大手監査法人で、以下4法人が該当します。

  • 有限責任あずさ監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • EY 新日本有限責任監査法人
  • PwC あらた有限責任監査法人

しかしBig4監査法人へ入所するにあたって注意すべきなのが「どの部門に所属するのか?」です。

以下の記事でも書いていますが、USCPAホルダーがBig4監査法人に転職するとなった場合、大きく分けて

  • 監査証明業務(会計監査)部門
  • 非監査証明業務(会計アドバイザリー)部門

といった2つの部門を選ぶことができます。(実際にはもっと多くの部門が存在します)

こちらも!!公認会計士・USCPA必見!Big4監査法人ランキング

日本の公認会計士試験・USCPA(米国公認会計士)試験に合格したが、Big4監査法人は結局どこがいいのか分からない 規模・働き方・仕事内容など、どんな基準で監査法人を選べばいいのか分からない 2022 ...

続きを見る

実はこのうち「非監査証明業務(会計アドバイザリー)部門」こそ、USCPAホルダーがパートナーまで昇進できる可能性の高い部門です。

なぜなら「日本企業の監査報告書にサインできるのはJCPAのみ」という背景から、監査部門ではどうしてもUSCPAよりJCPAの方が昇進しやすくなってしまうからです。

もし法人内での昇進を目指すのであれば、JCPAが本領発揮できる監査部門ではなく、会計アドバイザリー部門を選ぶ方がいい場合もあります。

以下のアクシスコンサルティングであれば、Big4監査法人の会計アドバイザリーについての求人を豊富に持っているので、ぜひ相談されてみることをおすすめします。

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

②Big4 FASで昇進する

続いて、Big4 FAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)で昇進する方法です。

Big4FASとは以下の4社のことで、監査法人とは別法人です。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
  • PwCアドバイザリー合同会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社

先ほど「①稼げる業界」「②希少人材になる」というポイントをお伝えしましたが、

  • この①②両方を実現できる
  • 未経験のUSCPAホルダーでも比較的早めにチャレンジできる

という特徴を持つのがBig4 FASです。

なぜなら

  • M&Aに特化したコンサルティング業務なのでフィーが高い(①を満たす)
  • ハードなだけにハイレベルな英語・金融・会計・経営スキルが身に付く(②を満たす)
  • 成長分野である一方、人材不足のためBig4監査法人・金融機関・コンサル・事業会社を経て転職できるチャンスが増えている

といった条件が揃っているからです。

平均年収も以下のとおりBig4監査法人や事業会社と比較しても高収入(業界平均年収:978万円程度)であり、この中で昇進していくだけでも年収2,000万円を狙うことができます。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社:1,056万円
  • PwCアドバイザリー合同会社:998万円
  • 株式会社KPMG FAS:1,278万円
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社:880万円

Big4 FASについては以下の記事で詳しく解説しています。

こちらも!!USCPAのBig4 FASでの年収をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)のBig4FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)での年収を知りたい このようなお悩みにお答えすべく、現在Big4監査法人に勤務している私が、USCPAがBig4FASに転 ...

続きを見る

③Big4を経てPEファンド・外資系投資銀行・外資系戦略コンサルティングファーム・総合商社へ転職する

続いて、「Big4を経てPEファンド・外資系投資銀行・外資系戦略コンサルティングファーム・総合商社へ転職する」という方法です。

先ほどの①Big4監査法人や②Big4 FASで一定年数を経験することで、次へのキャリアとしてこれらの業界・業種へ転職するチャンスが広がります。

  • トップティアの外資系投資銀行(「ゴールドマンサックス証券」「モルガン・スタンレー証券」「J.P.モルガン」「シティグループ」など)
  • トップティアの外資系戦略コンサル(「マッキンゼー・アンド・カンパニー」「ボストン コンサルティング グループ」「ベイン・アンド・カンパニー」など)
  • 総合商社(三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅)

といった業界は取り扱うビジネスの規模が巨大であることから、非常に給与水準が高いことで有名です。

さらに

  • KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)
  • カーライルグループ
  • ベインキャピタル

といったPEファンドであれば年収数千万円もザラと言われ、転職難易度でいえば日本トップレベルではないかと思います。

私がご紹介している転職エージェントの「アクシスコンサルティング」においても、以下のとおりPEファンドへの転職方法については「FASでの経験」をキャリアアップの方法の1つとして提示されています。

④海外大学院(MBAなど)を経てPEファンド・外資系投資銀行・外資系戦略コンサルティングファーム・総合商社へ転職する

④・⑤は海外を交えた話となりますが、「海外大学院(MBAなど)を経てPEファンド・外資系投資銀行・外資系戦略コンサルティングファーム・総合商社へ転職する」という方法があります。

可能であれば先ほどの①Big4監査法人や②Big4 FASで一定年数を経験したのちに海外大学院へ進学するのがベターですが、事業会社から直接MBAなどへ進学してもこれらの業界へ転職することは可能です。(ただしPEファンドであれば難易度はかなり高いです)

しかし、難関と言われる多くの外資系企業は、

  • アメリカ:アイビーリーグ(ブラウン・コロンビア・コーネル・ダートマス・ハーバード・ペンシルバニア・プリンストン・イェール)・MIT・UCB・UCLAなど
  • ヨーロッパ:オックスブリッジ・LBS・HEC・INSEAD・IESEなど
  • アジア:清華大学・北京大学・NUS・HKUST・NTU・SMUなど

といった世界のトップ校の卒業生を受け入れている傾向が強いです。

なのでこれらのトップ校に入るためには

  • TOEFL・IELTSのスコアメイク
  • GRE・GMATのスコアメイク
  • CV(職務経歴書)・エッセイの作成

といった準備を入念に進める必要があり、合格までに数年&数十万円以上を要すると考えた方がいいです。

さらに、入学許可が降りた後も1,000万円〜2,000万円超の費用がかかることを踏まえて、慎重に判断する必要があります。

⑤海外大学院(MBAなど)を経て海外就職する

④では「海外大学院卒業後に日本のトップレベルの企業へ転職する」というプランをご紹介しましたが、「海外大学院(MBAなど)を経て海外就職する」という方法もあります。

海外のトップMBAなどを経由したのちに現地就職が叶えば、たとえば以下のように、海外MBAの卒業後サラリー約200,000ドル(約3,000万円)を実現できる可能性があります。

海外就職についてはそれぞれの国のビザサポート状況にもよりますが、USCPA&海外大学院を組み合わせてグローバル人材としての価値を高めたいという方は、海外就職・海外進学も考えてみてもいいと思います。

なお、アメリカでの就職・年収事情については以下記事で解説しています。

こちらも!!USCPAがアメリカ海外就職を叶える方法4選をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)合格後、アメリカで働くするための方法を知りたい このようなお悩みにお答えします。 結論から言えば、4つの方法があり、20代~30代の方は基本的に行動力があればアメリカ就職を ...

続きを見る

こちらも!!アメリカのBig4で働くUSCPAの年収を一挙解説!

アメリカのBig4で働くUSCPAの年収はどのくらいなのか知りたい このようなお悩みにお答えします。 USCPAに合格して国内Big4監査法人で働いている私が、アメリカで働いた場合のUSCPAの年収に ...

続きを見る

⑥本業+副業で年収2,000万円を達成するのもアリ

最後に「すぐには本業の年収を上げるのが難しそう...」という方であれば、本業だけでなく副業を実践してキャッシュポイントを増やしていくこともアリだと考えています。

もしUSCPAホルダーが副業を始めるとすれば、以下のような内容が挙げられます。

  1. Youtuber
  2. Webメディアの運営・Webライター
  3. 講師業
  4. コンテンツ販売
  5. 会計監査の非常勤(経験者向け)
  6. 会計アドバイザリー・コンサル業務(経験者向け)

本業の会社規程に抵触しない範囲で、上記のような副業を組み合わせれば「本業+副業」で年収2,000万円を達成することも視野に入ると思います。

なお、USCPAの副業については以下の記事で詳しくご紹介しています。

こちらも!!USCPA合格後にできる副業6選を徹底解説!

USCPA合格後にできる副業はどんなものがあるのか知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCPAの ...

続きを見る

まとめ:USCPAの年収2,000万円は可能

以上のとおりUSCPA合格者の年収2,000万円の達成方法について解説しました。

具体的には、転職エージェントやLinkedIn、海外大学院卒業生といったネットワークをフル活用していく必要があります。

特に、コネクション・ネットワークがない場合には、ハイクラス向けの転職エージェントを活用するのが最も効果的かつ最短の方法です。

個人的には高収入を狙えるコンサル業界への転職がおすすめです。

もし「コンサルへの転職を本格的に考えてみたい」「コンサルからの転職先を相談したい」という方は、以下のアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーへ相談するのもアリです。

私自身も登録して相談したのですが、押し売りもなく真剣に私のキャリアプランを考えていただけたのでかなり信頼できるエージェントだと感じました。

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み