※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

初心者向け

USCPAで人生変わる?将来性は?合格者が感じた事3選

USCPA(米国公認会計士)の試験に合格すると人生が変わるのか・将来性があるのか知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCPA合格後の変化について徹底的に解説してみました。

今回の記事を読めば、USCPAに合格するとどんな素敵な未来が待っているのかについて理解を深められると思います。

USCPAに関するX(Twitter)の声

まずはUSCPA合格者のX(Twitter)の声をまとめてみました。

実際に合格して良かったことを呟いている方はそれほど多くなかったですが、少なくともデメリットよりもメリットの方が多く得られたという方が圧倒的です。

私個人の考えとしても、特に新卒入社後に自分のスキルアップ・転職での年収アップを図りたい方にとって、USCPAは非常に大きな武器になると思います。

もしUSCPAに挑戦しようか悩んでいる方は以下の予備校を比較してみてください。

USCPA(米国公認会計士)合格でどのように人生が変わるのか

続けて、私がUSCPA試験に合格したことでどのように人生が変わったのかについて思ったことをまとめてみます。

①自分に自信がついた

自分に自信がついたことは非常に大きなプラス要素です。

USCPAに取り掛かる前の私は、

  • アラサー
  • 簿記2級
  • TOEIC700台
  • 会計業界未経験

といった、特に突出したものを持っていない普通のサラリーマンでした。

加えてJCPA試験にチャレンジしたものの撤退・挫折した経験もあったことから、自分の中ではキャリアが中途半端になりそうな漠然とした不安がありました。

しかしUSCPAに合格したことで「自分にはUSCPAがある」という絶対的な安心感・責任感が芽生えました。

これにより、仕事で挫けそうになった時でも「これでも自分はUSCPAに合格したのだから」と自分自身を奮い立たせて仕事に取り組むことができるようになりました。

コロナが始まる直前、USCPA予備校であるアビタスに申し込んで本当に正解だったと感じています。

こちらも!!USCPA合格者が解説!アビタスがおすすめの理由5選

USCPA(米国公認会計士)大手予備校であるアビタスの何がおすすめなのか分からない このような疑問にお答えします。 USCPAの受験予備校として確固たる地位を確立しているのが、東京・新宿に本拠地を置く ...

続きを見る

②周りからの評価も変わった

周囲からの評価もポジティブな方向へ変わったと思います。

USCPAのことをあまり知らない方からも「アメリカの会計士?なんかすごいね!」とポジティブに受け止めてもらえる機会が多いです。

さらに、これまで「勉強しています」とだけ言っていた方々からも「働きながら合格してすごいですね!」と評価していただけるようになったと思います。(勉強自体は何度もサボってしまう時期がありましたが...)

やはり家族からお祝いしてもらえたのも嬉しいですし、元々アシスタントとして勤務していたBig4監査法人で、それまでお世話になっていたチームの皆さんに「USCPAに合格しました」といった報告をできたことが嬉しかったです。

③監査法人でも重要な仕事を任されるようになった

 

アシスタントからスタッフへと切り替わったことで、Big4監査法人において会計のプロフェッショナルとしての業務を任せてもらえるようになりました。

アシスタント時代は「考えないで手を動かす」業務が多かったのですが、本格的に監査業務に携わるようになってからは、自分が成長している実感を得られるようになったことに大きなやりがいを感じます。

監査の実務経験を積むことで会社のお金の動きがより詳細にわかるようになり、今後の転職においても多くのフィールドで役立てられると感じています。

こちらも!!USCPAのBig4監査法人キャリアを徹底解説します!

監査法人入所後にUSCPA(米国公認会計士)がどんな仕事をするのか知りたい 出世できるのか分からない Big4監査法人内のUSCPAの割合はどのくらいか USCPAは使えないと言われるのは本当か 監査 ...

続きを見る

USCPAの将来性はどのくらいあるのか

続けて、今後のUSCPAの将来性についても考えてみました。

①食いっぱぐれない・不況に強い

USCPAを持っていれば英語・会計の基礎スキルの証明になるので、食いっぱぐれる可能性はかなり低くなるのではないでしょうか。

飲食・介護・教育・運輸といった景気に左右される分野も多い中で、会計業界は景気の影響を受けにくく、よほどのことがなければ仕事がなく路頭に迷うこともないと思います。

昨今は値上げやインフレによる不況の気配が漂っていますが、世間と比較すれば割といい報酬をもらえる機会も多いので将来性は抜群だと感じます。

②キャリアアップで年収を高めていける

会計業界で実務経験を積めば、取り組もうと思えばコンサル・金融といった分野での高収入も狙えると思います。

特に昨今では複数スキルの掛け合わせができる人材ほど重宝されると思いますし(監査法人でもITに強い会計士はいろんなチームから引っ張りだこです)、自分が希少人材となることで年収アップをはかっていけるはずです。

こちらも!!USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法6選

USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法を知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCP ...

続きを見る

③ワークライフバランスも考えながら仕事を続けていける

また、ガツガツ働きたくない方でもUSCPAを持っていれば、まったりとした働き方も可能です。

特に外資系企業の経理や内部監査の職種であれば、しっかりリサーチすれば非常に好待遇の求人を見つけることができます。

もちろん監査法人の中でも、ライフイベントに合わせた柔軟な働き方を推奨する法人も増加傾向にあるので、ぜひ探してみるのがおすすめです。

USCPA勉強前科目合格の方でも転職できるチャンスは非常に多いので、転職エージェントへ相談してみるのもありだと思います。

もし「USCPAを活かせる高収入な環境への転職を考えてみたい」という方は、以下のアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーへ相談するのがおすすめです。

私自身も登録して相談したのですが、押し売りもなく真剣に私のキャリアプランを考えていただけたのでかなり信頼できるエージェントだと感じました。

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

まとめ:「自分には何もないな…」という方にこそおすすめの資格がUSCPA

以上のとおり、USCPAの将来性についてご紹介しました。

USCPA合格は自分の人生にとって非常にいい影響があっただけでなく、これからも永続的に自分の将来の選択肢を広げられるようになったと感じます。

上記でご紹介したとおり、取得メリットはかなり多いです。

  • 自分に自信がついた
  • 周りからの評価も変わった
  • 監査法人でも重要な仕事を任されるようになった
  • 食いっぱぐれない・不況に強い
  • キャリアアップで年収を高めていける
  • ワークライフバランスも考えながら仕事を続けていける

USCPAは受験費用も高いのでコスパが悪いと思われる方もいますが、合格さえすれば食いっぱぐれることのない超優良資格だと思います。

ぜひ今回の記事が、USCPAの将来性について知りたい方のお役に立てば嬉しいです。

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-初心者向け