※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

キャリアの悩み

USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法6選

USCPA合格後に年収1,000万円を達成する方法を知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、USCPA合格者の年収1,000万円の達成方法について徹底的に解説してみました。

今回の記事を読めば、USCPAとしてどのようなキャリアを描けば年収1,000万円に近づくのかについて理解を深められると思います。

それでは順番に解説してまいります!

USCPAが年収1,000万円を達成する方法

早速、USCPAが年収1,000万円を達成する方法について順番にご紹介します。

①外資系/日系企業で昇進する

まずは一般事業会社で昇進する方法。

もしあなたが経理職や内部監査職として事業会社に勤務している状況でUSCPAに合格した場合、一度は外に目を向けてみるのもありです。

理由としては「どこの業界・組織に所属するかで給与水準が変わるから」です。

そしてそれは経理をはじめとする管理部門においても同様の傾向があります。

むしろ経理職は「大企業ほど高待遇でワークライフバランスに優れており年収水準も高い傾向にある」といった話もちらほら聞いています。

なので、自分の現在勤務している企業と他社の昇進スピードと年収水準を比較してみるのがオススメです。

特に外資系企業であれば、同じ業界であるにも関わらず年収が1.5~2倍になったという方もいます。

最新の動向は、会計・税務人材に特化したヒュープロのキャリアコンサルタントに聞いてみるのがおすすめです。

ヒュープロBig4への転職や最新の転職市場情報を希望する方向け

②Big4監査法人で昇進する

次に、Big4監査法人で昇進していく方法です。

以下記事でも書いていますが、Big4(大手監査法人)とは日本の大多数の上場企業監査を担当する監査法人で、以下4法人が該当します。

  • 有限責任あずさ監査法人(以下、あずさ)
  • 有限責任監査法人トーマツ(以下、トーマツ)
  • EY 新日本有限責任監査法人(以下、EY新日本)
  • PwC あらた有限責任監査法人(以下、PwCあらた)
こちらも!!公認会計士・USCPA必見!Big4監査法人ランキング

日本の公認会計士試験・USCPA(米国公認会計士)試験に合格したが、Big4監査法人は結局どこがいいのか分からない 規模・働き方・仕事内容など、どんな基準で監査法人を選べばいいのか分からない 2022 ...

続きを見る

さらにBig4の年収についても別記事でも書いていますが、一般的な監査法人の給与水準は以下のとおりです。

役職 年収水準
スタッフ
(20-30代)
480~650万円
シニアスタッフ
(20-30代)
600~900万円
マネージャー
(30-40代)
800~1,100万円
シニアマネージャー
(30-40代)
1,100~1,300万円
パートナー
(40-50代)
1,500万円~

現在の所得水準の場合、シニアスタッフまでだとギリギリ1,000万円には届かない程度ですが、マネージャーまで昇進(最短5~6年程度)することで年収1,000万円のラインは超えてきます。

こちらも!!USCPAのBig4監査法人での年収をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)のBig4監査法人に転職した場合の年収を知りたい このようなお悩みにお答えすべく、現在Big4監査法人に勤務している私がUSCPAがBig4監査法人に転職した場合の年収につ ...

続きを見る

ただし1点注意が必要です。

それが、

監査部門orアドバイザリー(非監査)部門かで昇進できるチャンスが違う

という点です。

残念ながら、USCPAシングルホルダーの場合は監査部門でパートナーまで昇進できるチャンスは少ないのが現実です。(私の法人内でも数えるほどです...)

一方で同じBig4監査法人の中でも会計アドバイザリー部門であればUSCPAホルダーの昇進の可能性が高まります。

なぜなら、監査部門では成果物である監査報告書にサインできるのはJCPAである必要があるのに対し、アドバイザリー部門ではJCPAでなければ不可能な業務というのがほとんどないと考えられるからです。

もしBig4監査法人内での昇進を目指していくのであれば、会計アドバイザリー部門での経験を積んでいくのが有効な策だと思います。

③Big4 FASで昇進する

個人的に一番早く年収1,000万円に到達できると考えるのが、Big4のFAS(ファイナンシャルアドバイザリー)です。

Big4FASとは以下の4社のことで、監査法人とは別法人です。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
  • PwCアドバイザリー合同会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社

また、年収水準で言えば以下のとおりで、業界平均年収は978万円程度です。

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社:1,056万円
  • PwCアドバイザリー合同会社:998万円
  • 株式会社KPMG FAS:1,278万円
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社:880万円

監査法人よりも給与テーブルとしては高い傾向にあり、マネージャーまで昇進しなくともシニアスタッフレベルで年収1,000万円を超えてきます。

こちらも!!USCPAのBig4 FASでの年収をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)のBig4FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)での年収を知りたい このようなお悩みにお答えすべく、現在Big4監査法人に勤務している私が、USCPAがBig4FASに転 ...

続きを見る

ただし慢性的に激務であることに加えて、求められるスキルも会計・英語ともにハイレベルであることを想定しておく必要があります。

④Big4 税理士法人で昇進する

また、税務分野でのBig4も選択肢としてアリではないかと思います。

Big4税理士法人は以下のとおりです。

  • PwC税理士法人
  • デロイト トーマツ税理士法人
  • KPMG税理士法人
  • EY税理士法人

特に税理士法人であれば、移転価格・クロスボーダー関連業務での専門性を高めていくことで、税理士法人の中でも特にエッジの効いたキャリアを描きながら昇進することができると考えられます。

なお、USCPAとしての税理士法人のキャリア税理士・USCPAのダブルライセンスについては以下の記事で比較していますのであわせてご覧ください。

こちらも!!USCPAの税理士法人・税理士事務所への転職はあり?

USCPAの税理士法人・税理士事務所への転職は可能なのか知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、US ...

続きを見る

こちらも!!USCPAと税理士のダブルライセンスはおすすめ?

USCPAと税理士のダブルライセンスに価値があるのか分からない それぞれの資格の難易度や勉強するとしたらどちらにすべきかを知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとし ...

続きを見る

⑤最終キャリアとしてCFO・投資銀行・PEファンド・VCへ転職する

これは特に②のBig4監査法人・③Big4 FASを経験した後のキャリアパスとしてあり得るキャリアパスですが、自分の会計・財務スキルを磨いた後にさらなる高所得を狙うために

  • 事業会社のCFO
  • 投資銀行
  • PEファンド
  • VC(ベンチャーキャピタル)

といったキャリアを目指していくのもありだと考えています。

ただし、元々が人数も絞られており非常に採用枠の少ない業界であるため、ぜひ長期的な視点でキャリアを描かれるのがいいと多います。

⑥所得水準の高い国の海外会計事務所・企業に転職する

最後に番外編的な話となりますが、所得水準の高い国の海外会計事務所や企業に転職する方法も考えられます。

残念なことに、日本の所得水準は他国と比較すると相対的に減少傾向にあります。

例えば以下の記事でも解説していますが、シンガポールの日系会計事務所であれば、30代前半で月収70万円を超える収入となります。

こちらも!!30代USCPAは経理や内部監査に未経験で転職できる?

30代のUSCPA(米国公認会計士)でも、経理や内部監査に未経験で転職できるのか? そんなお悩みにお答えします。 今回の記事では、アラサーでBig4監査法人に入所後USCPAに合格した私が、実際に転職 ...

続きを見る

さらには海外のトップMBAなどを経由したのちに現地就職が叶えば、極めて高い確率で年収1,000万円を超えるオファーをもらえるチャンスもあります。

たとえば以下のように、海外MBAの卒業後サラリー約200,000ドル(約3,000万円)と極めて高水準となっています。

もし、USCPA合格後によりグローバル人材としての価値を高めたいという方は、海外就職・海外進学も考えてみてもいいと思います。

なお、アメリカでの就職・年収事情については以下記事で解説しています。

こちらも!!USCPAがアメリカ海外就職を叶える方法4選をご紹介!

USCPA(米国公認会計士)合格後、アメリカで働くするための方法を知りたい このようなお悩みにお答えします。 結論から言えば、4つの方法があり、20代~30代の方は基本的に行動力があればアメリカ就職を ...

続きを見る

こちらも!!アメリカのBig4で働くUSCPAの年収を一挙解説!

アメリカのBig4で働くUSCPAの年収はどのくらいなのか知りたい このようなお悩みにお答えします。 USCPAに合格して国内Big4監査法人で働いている私が、アメリカで働いた場合のUSCPAの年収に ...

続きを見る

まとめ:USCPAホルダーなら年収アップを実現する選択肢は多い

以上のとおり、USCPA合格者が年収1,000万円に到達する方法についてご紹介しました。

USCPAの希少性を活かして自分のキャリアの方向性を定めていけば、高所得を得られる可能性は非常に高くなります。

一方で、

  • 自分のキャリアをどのように決めればいいのかわからない
  • どの業界が自分に合っていて年収を上げられるのかわからない

といったお悩みを持つ方は、会計・税務人材に特化したヒュープロのキャリアコンサルタントに聞いてみるのがおすすめです。

ヒュープロBig4への転職や最新の転職市場情報を希望する方向け

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み