※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

仕事の悩み

ChatGPTを日本語化する設定方法を徹底解説!

ChatGPTを日本語に設定する方法を知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、ChatGPTを日本語に設定する方法について徹底的に解説してみました。

今回の記事を読めば、ChatGPTを初めて利用する日本人でも基本的な活用方法をマスターできると思います。

それでは順番に解説してまいります!

ChatGPTとは?

ChatGPTとは何なのか、早速ですが本人に聞いてみました。

まとめると

  • ChatGPTはOpenAIが開発した自然言語処理モデル
  • テキストベースでの人間とのコミュニケーションができる
  • チャットボット・バーチャルアシスタントでも活用されている

ということです。

実際に私も利用してみて、本当に活用の幅が広がっていると実感しています。

ChatGPT:テキストベースで人間としているかのようなコミュニケーションを行いたい・ビジネスシーンに活用したい方向け

ChatGPTを日本語化するための設定方法

本題である「ChatGPTを日本語化するための設定方法」ですが、残念ながら2023年時点でChatGPTの画面は日本語化することができない仕様となっています。

実際にChatGPTに聞いても同様の回答を得ました。

ChatGPTは日本語入力でも回答を得られる

一方で、ChatGPTそのものを日本語化する方法はないものの、入力する際は日本語を直接入力することで使用できます。

ただし以下のとおりChatGPT本人も語っていますが、「情報が正確ではない可能性があるため、情報の精度を高めるには極力一次情報を入手することが大事」とのことです。

日本人初心者向け!ChatGPTの利用手順

さらに、日本人初心者がChatGPTを利用する場合の手順についても解説します。

以下のChatGPT本人からの回答に沿って確認していきましょう。

①ChatGPTを利用するためのプラットフォームやアプリを選択

まずはChatGPTを利用するためOpenAIの公式サイトにアクセスし、以下画面の「Try ChatGPT」をクリックします。

すると「Welcome to ChatGPT」という画面が表示されるので、初めて利用する方は右側の「Sign Up」をクリックします。

②ChatGPTに接続するためのアカウントを作成

次にアカウントを作成するための画面が表示されるので、

  1. Emailアドレス
  2. Googleのアカウント
  3. マイクロソフトのアカウント

これらのいずれかの方法でアカウントを作成します。

すでにGmailを作成済みの方であれば「Continue with Google」が余計な手間がかからず最も早いです。

③ChatGPTに話しかけるためのインターフェースを開く

無事アカウントを開設できると、以下の画面が開きます。

赤枠で囲ったウェブサイト上のチャットボックスをクリックすることで、ChatGPTとの会話を開始することができます。

④ChatGPTに話しかける

ChatGPTは、公序良俗に反しない範囲の質問であれば基本的に何でも回答してくれます。

初めて利用する場合は、簡単な挨拶や質問から始めると良いでしょう。

⑤必要に応じてChatGPTの設定を調整する

ChatGPTは、返答の正確さや言語のスタイルなどについて設定を調整することができます。

ためしに以下画面の左下の「・・・」ボタンをクリックして「Settings」を選択してみます。

この「Settings」のところでは、

  • Theme:明るい画面・暗い画面を選ぶ
  • Data Controls:ChatGPTの性能が向上するようチャット履歴を残すかどうかを選ぶ
  • Export Data:ChatGPTとの会話履歴をエクスポートする

といった設定ができます。

「Settings」のところは普段使用するのに必須ではないので、基本的には初期設定のまま活用しても問題はないと思います。

以上がChatGPTを初めて利用する方向けの解説でした。

まとめ:ChatGPTは日本語設定で簡単に活用できる!

以上のとおり、ChatGPTの日本語設定方法についてご紹介してきました。

残念ながらChatGPTを日本語にセッティングする方法はありませんが、直接日本語を入力することで、日本語で返答してくれるものだということがわかりました。

ChatGPT:テキストベースで人間としているかのようなコミュニケーションを行いたい・ビジネスシーンに活用したい方向け

さらにChatGPTをビジネスシーンで活用するのも有効ですが、「USCPA(米国公認会計士)」の資格を持っていることで自分の価値を高められるだけでなく、海外のヘッドハンターからも引く手あまたになります。

以下の記事ではUSCPAの短期合格方法だけでなく、USCPAの将来性・コスパについて内部リンクを含め20万字以上でまとめていますので、あわせてご覧いただければと思います。

こちらも!!USCPA試験に18ヶ月で合格するためのロードマップ

初心者でもUSCPA(米国公認会計士)試験に短期間で合格することは可能なのか? こんな疑問を持つ方は多いと思いますが、正しい順序でやれば18ヶ月での合格が可能です。 私自身、USCPA試験にチャレンジ ...

続きを見る

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-仕事の悩み