※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

キャリアの悩み

USCPA向け外資系企業の転職方法&キャリアを解説!

  • 外資系企業に転職したいと考えているが、具体的な転職までの方法を知りたい
  • 外資系企業転職後のUSCPAのキャリアを知りたい

このようなお悩みにお答えします。

Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、外資系企業へのUSCPAの外資系企業転職について徹底的に解説してみました。

外資系企業では、USCPAのような国際的な資格が高く評価され、キャリアアップの大きな武器になります。

今回の記事を読めば、USCPA合格後の転職方法や具体的なキャリアパスについて理解を深められると思います。

USCPAとは?外資系企業でのキャリアアップ

USCPA(米国公認会計士)は、会計の専門知識と英語力を兼ね備えたビジネスパーソンにとって、外資系企業でのキャリアアップに直結する資格です。

グローバルな視点での会計基準の理解と適用能力が、国際的なビジネスシーンで高く評価されています。

① USCPAが外資系で求められる理由

外資系企業では、国際的な会計基準に精通し、英語でのコミュニケーションが可能な人材が重宝されます。

USCPAは、そのような能力を証明する資格として、新卒、中途を問わず高い評価を受けており、資格を持つことで、自分の市場価値を一気に高めることができます。

特に、国際的な取引が多い外資系では、会計と英語の両方を扱える人材は非常に希少で、これを持つことは大きなアドバンテージになります。

② USCPA取得までのステップ

USCPAの取得は、確かにハードな試験ですが、適切な準備と計画があれば、十分に合格は可能です。

まずは自分の英語力と簿記スキルを正確に把握し、それに基づいて学習計画を立てることが大切です。

試験には複数のセクションがあり、それぞれに異なる知識が求められるため、自分の強みと弱みを理解し、効率的な学習方法を選択することが成功の鍵を握ります。

具体的な学習プランや試験対策については、別の記事で詳しく紹介していますので、そちらも参考にしてください。

外資系企業への転職戦略

外資系企業への転職を考える際、USCPAの資格を持っていることは大きなアドバンテージです。

履歴書や職務経歴書、CVを最新の情報にアップデートし、自分の専門性を際立たせることが重要です。

LinkedInのプロフィールを充実させ、転職エージェントを利用することで、より多くのチャンスをつかむことができます。

① 履歴書・職務経歴書・CVをアップデートする

USCPA資格を取得したら、その専門性を履歴書や職務経歴書に反映させましょう。

特に外資系企業では、会計・財務に関する専門知識と英語力をアピールすることが求められます。

履歴書には、USCPAとしての経験や成果を具体的に記載し、職務経歴書では、その知識をどのように業務に活かしてきたかを強調することが大切です。

また、英文の履歴書(CV)も同様にアップデートし、国際的な舞台で活躍できる自分の強みをしっかりとアピールしましょう。

② LinkedInに登録する

LinkedInは、世界中のプロフェッショナルが集まるビジネス特化型のSNSです。

プロフィールを充実させ、適切なキーワードを使って自己紹介をすることで、リクルーターや企業からのオファーが期待できます。

USCPAとしての経験やスキルを明確にし、過去のプロジェクトや成果を具体的に記述することで、自分の専門性をアピールできます。

③ 外資系企業への転職に強いエージェントへ登録する

転職エージェントを利用することで、自分では見つけられないような求人情報や貴重なアドバイスを得ることができます。

特にJACリクルートメントのような外資系企業への転職に強いエージェントは、履歴書の添削や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれます。

USCPAの資格を活かした職務経歴のアピール方法や、求められるスキルセットについてのアドバイスも期待できます。

④ 英語スキルを高める

外資系企業での仕事では、日常的な英語コミュニケーションが必須です。

TOEICのスコアがある程度のアピールにはなりますが、実際のビジネスシーンで「使える英語」が求められるため、英会話スクールでの実践的なトレーニングが有効です。

早めに英会話スクールに通い、ビジネス英語のスキルを磨くことで、外資系企業での職務遂行能力を高めることができます。

⑤ エクセルスキルを高める

経理職を目指す場合、エクセルは毎日の業務で使用する重要なツールです。

基本的な操作はもちろん、VLOOKUPやSUMIF、ピボットテーブルなどの関数を使いこなせるようにしておくことが望ましいです。

これらのスキルは、効率的なデータ分析やレポート作成に直結し、仕事の速度と品質を向上させるために不可欠です。

USCPAを活かしたキャリアプラン例

USCPAの資格を活かしたキャリアプランには、FP&Aや経理のエキスパート、内部監査、コンサルティング、監査法人でのアドバイザリー業務、FASなど、多岐にわたる選択肢があります。

これらのポジションは、専門性を活かし、高い収入とキャリアアップを目指すことができるため、USCPAを持つビジネスパーソンにとって魅力的な道です。

① FP&Aや経理のエキスパート

FP&A(Financial Planning and Analysis)のエキスパートとしてのキャリアは、戦略的な財務分析と経営計画の立案に関わることができます。

USCPAの資格を持つことで、会計と財務の専門知識を生かし、企業の成長を支える重要な役割を担うことが可能です。

特に、FP&Aのポジションは、将来的にCFOへのキャリアパスを形成するのに理想的なステップとなります。

実際の業務では、予算策定、業績分析、コスト管理などを行い、経営陣への助言を提供します。

② 内部監査のエキスパート

内部監査のエキスパートとしては、企業のリスク管理やガバナンスの強化、業務プロセスの改善に貢献することが期待されます。

USCPAの資格を活かして、財務報告の正確性や内部統制の有効性を評価することで、企業の信頼性と透明性を高めることができます。

また、国際的な規制や標準に精通していることが求められるため、グローバルな視点での監査が可能です。

③ アクセンチュアなどの戦略・総合コンサル

USCPAの資格を持つプロフェッショナルは、アクセンチュアをはじめとする戦略・総合コンサルティングファームで高い価値を発揮します。

ここでは、会計や財務の専門知識を基に、企業の戦略立案や業務改革、システム導入などのコンサルティングサービスを提供します。

実際のプロジェクトでは、クライアント企業の経営課題を解決するための分析や提案を行い、実行支援までを担当します。

④ Big4監査法人の会計アドバイザリー

Big4監査法人では、会計アドバイザリーとして、監査だけでなく、財務アドバイザリーやリスクコンサルティングなどのサービスを提供します。

USCPAとしての深い会計知識と監査経験は、クライアント企業の財務戦略の策定や、複雑な財務取引のアドバイスに役立ちます。

また、CFOとしてのキャリアを築くための土台となる経験を積むことができます。

⑤ Big4 FAS

Big4のFAS(Financial Advisory Services)部門では、デューデリジェンスや財務アドバイザリーなど、M&Aに関わる高度な専門スキルを磨くことができます。

USCPAの資格を持つことで、複雑な財務分析や取引の評価を行い、クライアントの資本市場における戦略的な意思決定を支援します。

また、ハードワークを通じて得られる経験は、将来的に高収入を得るための基盤となります。

⑤ ベンチャー企業のCFO

ベンチャー企業のCFOとしては、経営の最前線で活躍することができます。

USCPAの資格は、財務戦略の立案、資金調達、予算管理など、ベンチャー企業特有のスピーディな意思決定において重要な役割を果たします。

また、IPO準備や資本政策の策定など、企業成長のための重要なプロジェクトに携わることができ、キャリアの幅を広げることが可能です。

まとめ|USCPA資格をフル活用すれば転職も成功する!

USCPAの資格を持つことは、外資系企業での転職市場において大きなアドバンテージとなります。

この記事では、履歴書のアップデート、LinkedInでのネットワーキング、エージェントへの登録、英語力とエクセルスキルの向上など、具体的なアクションプランを提供しました。

これらのステップを踏むことで、あなたのUSCPA資格が輝き、外資系企業での成功へとつながるでしょう。

今すぐ行動を起こし、あなたのキャリアを加速させましょう。

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み