※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

キャリアの悩み

マッキンゼー・アンド・カンパニーは激務なのか徹底解説!

マッキンゼー・アンド・カンパニーは激務なのかを知りたい

このようなお悩みにお答えします。

私自身も、新卒のころにマッキンゼーという企業の存在は知っていたものの、はたしてどのくらい激務なのかは深く知らずにいました。

私自身はUSCPA(米国公認会計士)という資格に合格しBig4で働いていますが、戦略コンサルはきっと想像を絶する忙しさなのだろうな...と想像しています。(多分Big4よりも忙しい...??)

そこで今回は、マッキンゼーの激務度についてリサーチした結果を徹底的に解説します!

今回の記事を読めば、マッキンゼーがどれほど忙しいのか?そしてそんな激務でありながら高待遇なマッキンゼーへの転職方法について理解が深められると思います。

戦略コンサル志望者向け!おすすめ転職キャリアコンサルタント

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは激務?実際のところは...

マッキンゼーは実際のところ激務なのか?

早速ですが実態をみていきましょう。

①1ヶ月あたりの残業時間は「74時間」

Openwork公式HPより

Openworkの口コミによれば、1ヶ月あたりの残業時間は「74時間」とのこと。

激務度で言えばたしかに忙しいですが、もしかすると中には「思っていたほどではない...??」と感じる方もいるかもしれません。

仮に20日間働いたとして、1日あたりの残業時間は3.5時間ということになります。

ただし、これには相応の事情があるようです。

②残業が減少したのは「がむしゃらに働くこと」が重視されなくなってきたから?

上記の動画でも話がされていますが、戦略コンサルティング業界においても働き方改革が少しずつ進められているようです。

先ほどの74時間という残業時間は、全体で見ればたしかに残業時間は多く多忙かもしれませんが、かなり改善はされてきているとのこと。

むしろ、

いかに短い時間で高いパフォーマンスを出せるのか?

に重点が置かれるようになってきていると言えます。

私自身も、Big4監査法人に所属している中で働き方改革はたしかに進められていると感じます。(繁忙期は別ですが...)

ただし、スタッフ・コンサルタントレベルではまだいいのですが、

マネージャーレベル以上になるとスタッフレベルのしわ寄せを一手に引き受けている

と聞きます。

Big4のマネージャー以上の役職の方もかなり忙しくされているので、マッキンゼーの上位職の方は言うまでもなく忙しい...といった状況かなと思います。

しかし、それに見合うだけの高待遇や多様なキャリアパスが描けるのも魅力の1つと言えます。

③激務に見合うだけの高待遇がある

Openwork公式HPより

そんな激務とも言われるマッキンゼーですが、忙しいだけに報酬は高いです。

平均年収も1,275万円

戦略コンサル業界全体としての魅力でもありますが、年収は日本トップレベルです。

それだけのハードワークが求められることの裏返しとも言えます。

マッキンゼーへの転職を叶えるための方法4選

そんな激務でありながらも魅力のあるマッキンゼーへ転職するための方法についても深掘りしてみました。

①国内外の有名大学を卒業する

上記のPIVOTの動画では衝撃的な結果が示されています。

その内容とは、戦略コンサルに採用される80~90%

  • 東京一工(東京大学・京都大学・一橋大学・東京工業大学)
  • 早慶(早稲田大学・慶応義塾大学)
  • 海外大学

で占められているという点。

どうしても学歴フィルターなるものは存在するようです。

この状況への社会人中途採用者としての対応策は、

上記の有名大学・大学院・MBA進学を目指す

というのが1つの活路になりそうです。

もちろんこれはマッキンゼーも例外ではありません。

さらにマッキンゼーの場合は「海外MBAの学歴orそれに並ぶレベルの突出した英語力は絶対必要」といった風潮のようです。

実際、私がアクシスコンサルティングのエージェントの方から伺った話では、

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー:英語面接あり
  • ボストン・コンサルティング・グループ::英語面接なし
  • ベイン・アンド・カンパニー:英語面接あり

といったように、英語面接の有無は各企業によって方針が異な理、マッキンゼーでは英語能力は間違いなく事前にチェックされるとのことです。

②面接で見られるポイントを踏まえた対策を進める

 上記は先ほどご紹介の動画と同じですが、面接で見られるポイントの該当箇所からすぐに再生できるのでご覧ください。

戦略コンサルの面接にチャレンジするうえで重要なポイントは以下のとおり。

  • 入社後にバリュー・アウトプットを出せそうな人材か
  • インテレクチュアル(知性)が優れているか

特に以下の動画は、いかにマッキンゼーではアウトプットが重視されているのかがよく分かる内容です。

このようにマッキンゼーは「結果主義」の代名詞とも言える企業と言えるのではないでしょうか。

③ケース面接対策も仕上げる

②でご紹介した中でも、特に戦略コンサルの面接に挑む上で求められるのがケース面接

特にフェルミ推定が有名です。

普通の面接対策に加えて、あなたのロジカルシンキングのスキルを見られるフェルミ推定は対策必須といってもいいです。

フェルミ推定については以下の記事で詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

④戦略コンサルに強いキャリアコンサルタントに相談する

 もし戦略コンサルを受けるということであれば、自分だけの力で対策して先行をすすめるのはかなり難しいと思います。

私自身も、事業会社からBig4へ転職した際にもキャリアコンサルタントにお世話になりましたし、今後もそうなるだろうと考えています。

マッキンゼーをはじめとする戦略コンサルティング企業へ転職したいと考えているかたは、アクシスコンサルティングに相談するのがおすすめです。

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

まとめ:1つ1つをハイレベルで進めれば転職可能性はある

 以上のとおり、マッキンゼーの激務度」についてご紹介しました。

今回の記事で、マッキンゼーの忙しさについて少しでも理解を深めていただければ嬉しいです。

「マッキンゼーをはじめ、戦略コンサルティング業界への転職を本格的に考えてみたい」という方は、以下のアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーへ相談するのがおすすめです。

私自身も登録して相談したのですが、押し売りもなく真剣に私のキャリアプランを考えていただけたのでかなり信頼できるエージェントだと感じました。

アクシスコンサルティングBig4・コンサルへの5,000人以上の転職をサポート。77%が非公開求人&特別案件なので20~30代で年収1,000万円以上の大幅アップも。

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-キャリアの悩み