※ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています

初心者向け

USCPAの受験資格は専門卒も取得OK!

  • USCPAの受験資格は専門学校卒業生でも取得できるか知りたい
  • 専門卒の方がどのような方法で受験資格を得られるのか知りたい

このようなお悩みにお答えします。

今回の記事を読めば、受験資格が取得できるか否かだけでなく、出願州やコスパのいい受験資格の取得方法についても理解を深めることができると思います。

結論:専門卒もUSCPAの受験資格を得ることができる!

早速結論ですが、専門卒の方でもUSCPA試験の受験資格を得ることができます。

まずはUSCPAの試験制度を簡単に確認してみます。

この中でも注目すべきは、最後の2点「出願方法」と「受験資格」です。 日本全国で同時に行われ、学歴関係なく受験できる日本の公認会計士の試験と違って、USCPA試験は各自が好きなタイミングで、州ごとに受験資格を得た上で受験する形式です。

そのため、その人がどんなバックグラウンドをもつかで、受験できる州・できない州というものが出てくるのです。

USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格

まずは、日本人がUSCPA試験の受験資格を得やすい州について一覧表でまとめてみたのでご覧ください。

州・島嶼地域 受験資格取得条件
日本の高卒・専門卒 日本の大卒 会計学必要単位 ビジネス学必要単位 合計必要単位
モンタナ(MT) 24 (以下含む) financial accounting auditing taxation management accounting 24 48
グアム(GU) 〇 or 120単位 24(以下が該当) Financial Accounting and Reporting (upper division) Auditing and Attestation Services (upper division) Taxation (upper division) Managerial Cost Accounting (upper division) 24 (以下含む) Economics : 6 Finance : 3 Business Law : 3 48
ニューヨーク(NY) 各1コース Financial Accounting(upper division) Auditing(upper division) Taxation Management Accounting 120
アラスカ(AK) 15 15
ワシントン(WA) 24 (内15単位 : upper level or graduate level) 24 150

以上の5つの州・地域が日本人におすすめの出願候補となるエリアです。

専門卒のおすすめ出願州:モンタナ州

上記の一覧表を踏まえると、専門卒の方であれば、出願州はモンタナ州一択となります。

モンタナ州は、

  • 学位不要
  • 会計学24単位に加えて、ビジネス関連の24単位(合計48単位)が必要

といった、アメリカの各州の中でも突出した出願のしやすい州となっています。

その最大の特徴が、学位(大学の学士号や短大の準学士号)が不要で、48単位さえ取得すれば大卒でなくともOKという点です。

これにより、大卒の方でなくとも、専門学校卒業の方であれば出願できるのです。

このように大卒の学位を取得せずほどほどの単位数で受験資格が得られるのはモンタナ州だけだと思われます。

そして、「会計学あるいはビジネスに関する学問24単位」というのは、USCPA予備校で、必要な分の単位だけを取得できるようなプログラムを用意しています。

USCPA予備校の中でも特にアビタスがおすすめです。

私もアビタスに通ってアラスカ州出願で合格をしましたが、単位取得サポートも充実しており、トータルコストも他予備校と比べて安いと感じました。

単位取得費用や講座代が気になる方は、以下リンクからパンフレットや説明会を申し込んでみてはいかがでしょうか。

アビタス合格者実績No.1。日本語テキスト&厳選問題で演習したい方向け

USCPA試験の受験資格を得る方法2選

最後に、専門卒の方でもより安く受験資格を取得する方法が2つあるのでご紹介します。

①USCPA(米国公認会計士)予備校で単位取得する

第一に、USCPA予備校で単位を取得する方法が挙げられます。 USCPA予備校で有名なのは以下の4校です。

予備校 おすすめ度 Web受講料 1単位追加取得料 有効期間 校舎 テキスト 問題数 講義 フォロー 合格者実績
アビタス 入会金11,000円+ライトパック:616,300円 (会計orビジネス15単位込) 入会金11,000円+フルパック:815,800円 (会計29単位+ビジネス24単位込) 約8,000円 5年 新宿 梅田 日本語オリジナル MC:2,700問 TBS+WC:550問 日本語 5,500人以上
TAC 入会金10,000円+講座代515,000円 (単位含まず) 7,000円 2年 全国 日・英併記 Beckerと提携 MC:6,600問 TBS+WC:400問 日本語 非公表
資格の大原 入学金6,000円+講座代499,400円 (会計18単位+ビジネス6単位込) 27,500円 1.5年 全国 英語+日本語レジュメ Rogerと提携 6,000問 日・英 非公表
プロアクティブ 入学金11,000円+講座代319,000円 (単位含まず) 約13,000円 5年 虎ノ門 英語オリジナル 7,000問 日本語 非公表

この中の「1単位追加取得料」のカテゴリで、1単位あたりの取得費用が安い予備校ランキングは以下のとおりです。

1単位あたりの取得費用が安い予備校ランキング
  1. TAC7,000円
  2. アビタス約8,000円
  3. プロアクティブ:約13,000円
  4. 資格の大原27,500円

1単位あたりの取得費用が安い予備校第1位はTACの7,000円です。

しかし、予備校によっては数十万円の本プログラムに申し込まないと単位を取得できない予備校もありますので、本プログラム+単位取得費用のトータルで考える方がいいです。

そこで、4校の講義代+会計15単位で考えた場合の予備校代にかかるトータルコストは以下のとおりです。

会計15単位含む予備校料金ランキング
  1. 資格の大原:505,400円(入学金6,000円+講座代499,400円)
  2. プロアクティブ:525,000円(入学金11,000円+講義代319,000円+単位追加取得代13,000円×15単位)
  3. アビタス:627,300円(入会金11,000円+講座代616,300円)
  4. TAC:630,000円(入会金10,000円+講座代515,000円+単位追加取得代7,000円×15単位)

これらをみると、資格の大原約50万円と最安値です。

講義代だけでみればプロアクティブの方が安いですが、単位取得代をも含めると資格の大原の方がトータル費用は安くなります。

ただし、アカウント有効期間やテキスト・問題・講義・フォローなど、料金以外のポイントも踏まえて考慮する必要があります。

たとえば資格の大原は、料金は最安ですが、アカウント有効期間は4校中もっとも短い1.5年となっていることにご留意ください。(予備校の総合ランキングについては別記事で書いています)

②放送大学で単位取得する

一方、単位を取得する第二の方法が放送大学で単位を履修する方法です。

放送大学を活用するのに向いているのは以下の方です。

  • 独学の方(単位は放送大学で取得&受験手続は自力&勉強はWileyやBeckerなどの洋書
  • 予備校に申し込む予定だが、予備校の提携大学よりも安い費用で単位取得したい

放送大学には、自分の受けたい科目だけに絞って履修できる「科目履修生」といった制度があります。

たとえば、アラスカ州出願に必要な会計学15単位を取得したいと考えた場合、

  • アビタスの場合:24,200円(2単位)×7.5=181,500円
  • 放送大学:7,000円(入学金)+11,000円(2単位)×7.5=89,500円

といったように、アビタスに比べて放送大学の方が約10万円安い結果となります。

取得した単位は各州が認定するのですが(学歴評価といわれいます)、放送大学で取得した単位をUSCPAに必要な単位として認定された実績もあるようです。

また、放送大学では会計学以外にもビジネスに関連する学問の単位も多く取得できるので、モンタナ州出願の方にとっても有力な選択肢となると思います。

このように、単位取得だけを考えれば放送大学で単位を取得するのがお得です。

一方、トータルコストでいえば予備校の割引制度を活用して単位取得&受講する方が安い場合もありますので、各予備校のプログラムと比較しながら慎重に判断するのがおすすめです。

まとめ:専門卒でもUSCPA受験資格を取得できる!

以上の通り、専門学校卒業生のUSCPA受験資格についてご紹介してきました。

日本人であっても、基本的に高卒以上の方であればUSCPAの受験資格を得ることができるので、その点は安心して臨んでいただきたいと思っています。

とはいえ、USCPA試験を全て突破するまでにコストも時間もそれなりにかかる試験なので、

  • 自分はなぜUSCPAを目指したいと思ったのか?
  • USCPA合格後にどのようなキャリアを描きたいのか?

といったことを事前に考えておく方が、結果的に受験勉強のモチベーションも維持できますし合格率を上げられると思います。

「USCPAの勉強を始めてみようか気になる」という方は、以下でUSCPA予備校2校について徹底比較していますのでぜひご覧ください。(無料でパンフレット入手や受講相談ができます)

こちらも!!合格者の私がおすすめするUSCPA予備校2社

おすすめのUSCPA予備校を知りたい このようなお悩みにお答えします。 Big4監査法人へアシスタントとして転職後、アビタスで勉強しながらUSCPA試験に合格した私が、おすすめのUSCPA予備校2社に ...

続きを見る

USCPA(米国公認会計士)はコスパ最強資格!

当ブログでご紹介しているコスパ最強の資格「USCPA(米国公認会計士)」

USCPAがあればいいことずくめです。

  • Big4・コンサル・外資系企業・総合商社・超大手ホワイト企業に転職できる
  • 英語&会計スキルの証明ができるからキャリアの選択肢が一気に増える
  • TOEICスコア800以上が余裕で取れる
  • 新卒での内定率が爆上げする
  • 会計領域の箔が付くから昇進しやすくなる
  • 会計の専門人材だからジョブローテーションに巻き込まれなくなる
  • 海外赴任・海外出張のチャンスが爆上がりする
  • 海外で働くハードルが下がる
  • 国によってはビザがおりやすくなる
  • 海外トップMBA入学のアピールポイントになる

などなどメリットを挙げればキリがありません。

リスキリングが叫ばれている今こそ、USCPAの勉強をスタートすべきタイミングではないでしょうか。(私自身、USCPAを取得したことで人生が大きく好転しました)

気になる方は、まずは以下のおすすめUSCPA予備校で情報収集してみてください。

気になる情報は全て無料で手に入ります。

あなたの人生を変える最強資格「USCPA(米国公認会計士)」をはじめるならココ!

  • この記事を書いた人

USCPA職人

USCPA|Big4|アラサー|働きながら全科目合格|「USCPA職人」ブログでUSCPA合格&転職について発信しています。

-初心者向け